トップページ 医院紹介 診療科目 お知らせ ブログ 医療費控除
診療科目
一般歯科 保険診療全般 充填処置・義歯・ブリッジなど
小児歯科 手馴れた歯科医師が優しく対応しますので、小さなお子さんでも安心です。
いきなり歯を削ったりはしません、
歯医者さんごっこを通して歯科治療に十分理解して頂いてから治療に入っていきます。
矯正歯科 相談は無料です、お気軽にお電話下さい。
口腔外科 埋伏歯や親知らず等、困難な歯の抜歯は専門医が対応しますので安心です。
審美歯科 ホワイトニングやポーセレンラミネエートベニアクラウンなど審美歯科に関することは何でもお任せ下さい。


審美歯科(ホワイトニング)

オフィスホワイトニングとは、診療で短期間に歯を白くする方法のことです。
歯をキレイにしたい、歯の色が気になる方にオススメします。
診療で約1時間程度で効果が表れます。
「リーズナブルに済ませたい」「大事な結婚式や、重要なプレゼンの前に歯を白くしたい」など、短い期間で歯が白くなりますので、お急ぎの方に向いており、歯を削る事なく、しかも簡単に白い歯にすることが可能です。
患者さまのご要望によって、治療プランも選択できますのでお気軽にご相談下さい。

whitening_04

whitening_03

インプラントについて

歯が抜けた後、あなたならどうしますか?
両隣の歯を削ってブリッジにしたいですか?
それとも両隣の歯に針金をかけて入れ歯にしたいですか?
どちらも大事な歯を痛めてしまい、大幅に歯の寿命を縮めてしまいます。
現在の医学ではインプラントが第一選択です。
確かに治療費は高くつきますが、本来の歯一本の持つ価値を考えれば決して高くないと思います。
当院では日本歯周外科学会認定医の院長を中心に、歯科衛生士、
インプラント専任助手、歯科技工士など優秀なスタッフでチーム医療を行っております。


歯を失ったときの各治療法


中間の歯を1本失うと…
 

片側の奥歯が喪失すると…



 



従来の治療法:ブリッジ


健全な隣在歯を切削してブリッジにしますか?

 



橋を架ける支台の歯が無いので、ブリッジはできません。
ブリッジの問題点:
隣在歯を削るので、健全歯を犠牲にして、
歯の神経を損傷させることがあります。
さらに清掃性が悪いのでむし歯の発生を誘発します。

   
従来の治療法:取り外し式入れ歯


取り外し式の入れ歯にしますか?

 

最も使いにくい入れ歯になります。
入れ歯の問題点:
バネをかけた隣在歯に噛む力が過剰に加わることで
歯を動揺させ歯周病を誘発します。
また1~2歯の小さな入れ歯は、粘着性食物(餅や食パンなど)を
食べているときにはずれてしまい、呑み込む危険性があります。
また、手入れが繁雑です。さらに多数の歯が無くなり、
入れ歯になると人工歯が並んだピンクの床が広くなり、
口腔粘膜を覆いますので味覚や温熱の感触が鈍くなり、
快適な食生活を味わうことができません。

  1)入れ歯の安定が悪くなります。
2)反対側の歯にもバネが必要なので床が広くなります。
3)嘔吐反射(吐き気)を招く場合もあります。

インプラント治療にした場合

 

インプラントが最良の治療となります。

インプラント施術例

※料金は30万より。